たつたのかみ  タツタノカミ   tatutanokami

  

【(達の神・竜の神)・竜田の神】
竜を治める神。

『みつとりの ほのしつめなす しきかもゐ ここ にたつたの かみゐます』ホ21
たつたのかみの あらわれて このしろゐけの たつのあめ ふりひお けせは』ホ39

 
たつた(達・竜)」 の 「か み(神)
「たつた」は「たつ(立つ・達つ・尊つ)」の名詞形 「たた」 の音便。

類語:「たつため(竜田姫)」 「たつたひめ(竜田姫)

 
 

【(立の尊・竜の尊)】
竜の極み。竜の頂点。

『このしろの たつのたつたの かみの こと このしろいけの みやことり』ホ24

 
たつた(立・達・竜)」 の 「か み(上・尊)
「たつた」はた つ(立つ・達つ・尊つ)」の名詞形 「たた」 の音便。
「かみ」はここでは「至り・極み・頂点」などの意。

類語:「こ のしろのたつ(熟精の竜)たつきみ(竜君)」 「うろこきみ(鱗君)」「みそろのたつ(満精の竜)

  

14/10/21

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカ サフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめな るみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】