ヌマホリアゲル

  
沼掘り上げる。
  

【掘上げ田】ホリアゲデン −広辞苑より−
沼地の泥を掘り上げて短冊形につくった水田。古くから行われてきた低湿地開発の一形式で、岐阜県南部の高須輪中(わじゆう)や埼玉県東部の沼地跡のものが有名。田と田との間に掘り残された水面の部分は「掘り潰れ」と呼ばれる。
  

ツガルには 沼 掘り上げて 田水埋む アソベの丘の 凍雪山 七万里 潤みて』

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】