つか  ツカ  tuka

  

【(握)・束・柄・握】
1.合わせ。束ね。握り。掴み。まとめ。収め。治め。
2.長さの単位。握ったときの四本の指の幅ほどの長さ。

『とこみきに はやこおめせは そのゆめに とつかのつるき おれみきた』ホ7
『うゆるそのあき やつかほの なれはくにとみ こころよく』ホ15

3.(手を)合わす部分。掴む部分。ゑ(柄)。

 
つく(付く)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収(治)める・つかむ・束ねる」などの意。

変態:「つけ(漬け)」「つこ(仕・司・造)
類語:「つかみ(掴み)」

 
 

【(漬)・塚】
埋め。納め。埋葬。墓。

『ささきみそ とひゆふまつり からすつか やひやよいたみ もおつとむ』ホ10
『はしにみほとお つきまかる おいちにうつむ はしつかや』ホ34
『あしなつち ななひめまつる ためしもて かたみおここに つかとなし』ホ39

 
つく(付く・漬く)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・埋める・納める」などの意。

類語:「はか(墓)」「みはか(陵)」「みささき(陵)はかた(運還)」「はこね(箱根・運廻)

  

10/01/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】