しこめ  シコメ  sikome

  

【(鬼霊)・醜女】
下劣な神霊。

『わかうらみ しこめやたりに おわしむる』ホ5
『つるきふりにけ えひなくる しこめとりはみ さらにおふ』ホ5
しこめにおはす よしあしお しれはあしひく よもつさか ことたちさくる うつわあり』ホ5
『くまのかみ しこめかしゐお からすかみ』ホ6
『おふかんつみは はにしきて まつるやつくり しこめなし』ホ21

 
しこ(鬼・醜)」+「め(霊)
「しこ」は「しく(垂く・敷く)」の名詞化。 
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「低まる・端にある・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」などの意。
「め」は「かみ(神)」と同じで「神霊」の意。

類語:「おふかん(穢神)」「あれもの(粗モノ)」「おにもの(鬼モノ)」「おゑもの(汚穢モノ)」「おにかみ(鬼神)」「はたれのもの(ハタレのモノ)」「はたれみ(ハタレ霊)」「おろち(愚霊)」「まかつひ(曲つ霊)

  

11/06/23

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】