さやけ  サヤケ  sayake

  

【明け・(騒け・冴け)】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

『あはれ あなおもしろ あなたのし あなさやけ おけ さやけ』ホ7

 
さや(騒ゆ・冴ゆ・明ゆ)」+「け(如・然)
「さゆ」はここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「さやか(明か・清か)」
派生語:「さやけし(明けし)」

 
 

【(明掛・笹掛)】
笹湯掛け。 =ささゆはな(笹湯花)

さやけをけらに とんともち ゑさるかみあり きさらきや』ミ9

 
さや(騒・栄・明・冴)」+「け(交・掛)
「さや」は「さゆ(騒ふ・栄ふ)」の名詞化で、「ささ(繁々・騒々・笹・篠)」の同義語。
「け」はここでは「ゆかけ(湯掛)」の略。

別名:「ささゆはな(笹湯花)」「ゆのはな(湯の花)

  

10/03/14

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】