さわく  サワク  sawaku
さはく  サハク  sahaku

  

【騒ぐ・(爽く・冴く)】
D: 正の方向に離れる。 高ぶる。慌ただしくなる。忙しくなる。騒々しくなる。不穏となる。

『なかすねか われおたつれは いちさわく かれにはらみの みこふれて』ホ28
『まきむきの ひしろのよそほ せみなつき ほつまさわけは』ホ39

 
さふ(騒ふ・繁ふ・聳ふ)」と同義語「わく(沸く)はく(化く)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:さやく(騒ぐ)」「さえく(喧く)「そよく(戦ぐ)」
類語:
さはふ(騒ふ・聳ふ)さやきぬ(騒ぎぬ)さやきる(騒ぎる)
派生語:「さはか(騒か)」「さわき(騒ぎ)

  

10/02/04

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】