さはふ  サハフ  sahafu

  

【(支ふ/障ふ)】
A: 合う/合わす。付く。触る。競う。
E: 負の方向に離れる/離す。障る。

さふ(添ふ/障ふ)」と同義語「はふ(侍ふ/蝕ふ)」の合成。
ここでは「A: 合う/合わす・付く・触る」、またその結果「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる/離す」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「さわる(触る・障る)」「さやる(障る)」
類語:「さはなす(障なす)」「ささわる(障る)」
派生語:「さはい(支い・障い)

 
 

【(騒ふ・聳ふ)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

さふ(騒ふ・聳ふ)」と同義語「はふ(栄ふ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「上げる・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」などの意。

変態:「そひゆ(聳ゆ)
類語:「さわく(騒ぐ)」「さわめく(騒めく)」「さわやく(爽やぐ)」「さはなす(騒なす・障なす)
派生語:「さはい(五月蠅)

  

10/03/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】