まつし  マツシ  matusi

  

【拙し・不味し・貧し】
E: 負の方向に離れる如し。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」如し

『ほめはうまきに ふけるゆえ まれにうまるも まつしくて』ホ13
まつしきは およはぬとみお うらやみて うらみのあたに たねほろふ』ホ16
『くにみたるれは たもあれて みつほのほらす まつしきお』ホ23

 
まつ(拙つ・貧つ)」+「し(形容詞語尾)
「まつ」はここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

類語:「とほし(乏し)
派生語:「まつしさ(貧しさ)

  

09/10/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】