かち  カチ  kati

  

【(方・傾)・舵】
1.方向。区分。 =かた(方)
2.反り。曲り。傾き。

『まらがおち あまつははらお ふなおさに まらはかちとりホ20
『しものなか ひうおまねけは かつめかみ かちおねにひき ひおむかふ』ミ7

 
かつ(割つ・傾つ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・分れる・それる・曲る・傾く」などの意。

変態:「かた(方・傾)

 
 

【(離ち・傾ち)・勝ち】
(ある方向に)傾くさま。〜する傾向。

『すへてななやの しるしふみ ことなりかちは これにしれ』ホ序
『ひといはかわる おこりかち へりにはかたく かれはたの をりのりさたむ』ホ23

 
かつ(離つ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・反る・それる・曲る・傾く」などの意。

 
 

【徒】
往き来。運び。運送。(2本の足の)往復・回転。歩き。

『このうたに うらみのなんた とけおちて きもにこたえの かちはたし』ホ24
『またすへらきも かちゆきの いたすははやの かんをして』ホ29

 
かつ(搗つ)」の名詞化。
ここでは「C: 行き来する/させる・回る/回す・送る・運ぶ」などの意。

類語:「あゆみ(歩み)」「ふみ(踏み)
関連語:
「こつこつ」

 
 

【梶・楮】
葉が裂けているさま。(紙の原料となる)
三叉に分れる葉のさま。おそらくミツマタとは元来は梶を指したのだろう。

『まをまゆみ ゐとおつむきて たくはたや あわのほきうた かちにおし』ミ9

 
かつ(離つ・割つ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・分れる・割れる」などの意。

変態:「かそ(楮)」「かうそ(楮)」
類語:「かみのき」
関連語:「かちわる」

  

10/03/15

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】