いささか  イササカ  isasaka

  

【率坂】<地名>
送還の地。帰還の地。

『めつきみか おもむろおさむ いささかそこれ』ホ32

 
いさ(揺)」+「さか(境)
「いさ」は「いす(揺す)」の名詞化。
ここでは「C: 回す・還す・送る」などの意。

 
 

【些か・聊か】【伊坂】
1.負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」さま
 ●<副詞的に> かろうじて。どうにかやっと。
2.<地名> 伊坂(いさか)。ヤマトタケの足の傷みが重篤となった地。

いささかに なくさみゆけと あしいたみ みゑにまかれは みゑむらそ』ホ40

 
「いささく」の名詞化。
「いささく」は「いす(萎す・失す)」と同義語「さく(下ぐ・垂く)」の連結。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」などの意。

類語:「わつか(僅か)」「かすか(微か)

  

10/01/05

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】