いきす  イキス  ikisu

  

【(息素・息数)・息栖】
呼吸分子。呼吸数。

『あたたまる ときにとつけは こおはらみ いきすこえみめ そなえうむ』ホ14
『をのいきす よろみちむやそ めのいきす よろみちもやむ』ホ16
『いまわかみ いきすひととき よそしほと たらぬやまふの かなしさや』ホ16
『こもりはひめの いきすみて ちはらおなてて ゑみすかほ』ホ16
いきすたらぬは ひめみこよ これとのきみの とこかたり』ホ16
『をのこはとしに めはとつき いきすよけれは うむもやすきそ』ホ16
『てれはひめきみ さはらねと いきすひたちと なすおひそ』ホ16
いきすひたちと なるおひの わさにいきすは いつこえか』ホ16
『はらおひなせは みのいきす ひたちとなりて ひめのとひ うむときいかん』ホ16
いきすもしれは いきすみや こやねとひめと ここにおき』ホ16
『ひめはもろめの はらむとき いきすつつしみ をしゑます』ホ16
『とみつねに ひとのいきすお かんかえは たますはふくし』ホ17
『おとろくなかこ みめにしる ことはいきすの みつしれは』ホ17
『むまのあしとり いきすあひ あわすかなめの のりのりそ』ホ191
『ゐつね ましわりて ひとのいきすと なりてより ゐつななわけて よそやすち』ミ10
『たらちをの いきひにみうく そゑうたは ひのてのかせの なるいきすミ10
『よつきふみ いきすのあや』ミ逸

 ●〈地名〉イキス宮。またその管轄する地域。

『かとりときひこ ひてひこと いきすおとひこ かねてまつ』ホ39

 
いき(往来・息)」+「す(子・素・数)
「す」は 「集合して物事を成す小さな構成要素・分子・回数」などの意。

類語:「いき(息)」「はなけ(放来)」「ききす(雉)

 
 

【(息す・生す・活す)】
1.息をする。生きて活きる。生活する。

『ふつくことなる くにかみの いきふくかせお うけうまれ いきすとなれは』ホ17
『いますてに しらきのあたに をさめゑす ほこおたつねて たみいきすホ34
『ひとのいきすと なりてより ゐつななわけて よそやすち』ミ10

 
いき(息・生き・活き)」+「す(為)
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。またそのまま名詞化。

  

09/12/27

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】