あめのな  アメノナ  amenona

  

【(陽陰の名)・天の名】
アマテルが授く名。

あめのなも わけいかつちの あまきみと むそよろをさむ ををんめくみそ』』ホ28

 
あめ(陽陰)」 の 「な(名)
「あめ」はここでは「あまてるかみ(陽陰連る神)」。

類語:「かみのな(神の名)

 
 

【(斎の名)】
尊ぶ名。 =いみな(斎名)

『をうすもちひと とはこうす はなひこもこれ あめのなそ』ホ40

 
あめ(斎・敬)」 の 「な(名)
「あめ」は
あむ(上む)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「上げる・敬う・尊ぶ・勢い付ける・栄す・優れさす・中心に置く・至す」などの意。

  

11/04/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】