ミサシクニ

→ 語義
  

武蔵国 (身差し国)。
トラガシハはヤマトタケの片方を野で拾い、これを挿してヤマトタケの肖像を造り、サガムの館に再来した折に奉る。ヤマトタケはこれを誉めて、タマガワアフミと名付けた村をトラガシハに賜わる。
またヤマトタケはその国を、自身を留める「身差し国」と名付け、相模国と共にタチバナモトヒコに賜う。後に「ミサシ」が「ムサシ(武蔵)」に訛ったものと推測される。
  

東京都青梅市御嶽山、武蔵御嶽 (ムサシミタケ) 神社

■武蔵は武州とも呼ばれる。「武」がヤマトタケ(日本武尊)を意味するのは、まず間違いないだろう。
  

相模の館に 入りませば 野に片 トラガシハ 拾い考え 鐙 挿し 今 奉る 珠飾り』39文
身差し国 相模の国と モトヒコに 名付け賜わる 国つ守39文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】