ミツヅキ

→ 語義
  

承鞚・七寸・水付 (馬続き)。
「まつづき(馬続き)」の訛り。
手綱に結びつける側の端。手に持つ側は「手継ぎ」。
  

【七寸】ミヅツキ −広辞苑より−
1.轡(くつわ)の部分で、手綱(たづな)を結びつける引手(ひきて)。みずき。
2.手綱の両端。
  

『もし法犯す 者あれば 手には剣を 持つ故に 轡の綱は 分る栲19-2文
『絹は用ひず 縮み布 縮める木綿で 八尺 二つ そのミツヅキを に結ひて 手継を腰に 挟み帯ぶ』
19-2文
『また連栲は 丈六尺の そのミツヅキを 左右のに 結ひて中持つ 分栲と 貫間を兼ぬる 連栲や』19-2文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】