タヅナ

→ 語義
  

手綱。
アカルタエ
一貫間テルタエの種類がある。
風神のシナトに喩えられることがある。
  

★手綱は、麻布などを三重に折り畳んで用いる。
  

【手綱】タヅナ −広辞苑より−
馬を御するため、馬のくつわにつけた綱。
  

『乗りは地道を 常となす 馬子に手綱を 引かせ置き 馬の右より 踏み上り』19-1文
『故は天地 分かざるに アメノミヲヤの  地玉 ウツロ 乗り シナト手綱 和り恵り』19-1文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】