イセイイノ・イヰノミヤ

→ いせいいのいゐのみや
  

伊勢飯野 (妹背斎野)。 斎の宮/飯の宮。
妹背の神を斎む処」の意。場所は伊勢の斎宮から明野の辺り。 
トヨスキ姫は、ここ高宮を作ってアマテルの神霊を鎮める。
後にヤマト姫ワカゴ親子を伴って、ここにトヨスキ姫(103歳) に代わる御杖代としてやってくる。 
ヤマト姫が粥を以って兄・ホンツワケのことを祈ったことにより「飯の宮」とも。
  

三重県多気郡明和町大字斎宮(タケ) 神社
  

イセイイノ(妹背斎野)タカヒオカワ(高日拝地)アケノハラ(明けの原)イセタカ宮(妹背高宮)イヰノミヤ(斎の宮/飯の宮) は、どれも同じ場所の異名。
  

近江より 美濃を巡りて 妹背斎野 高日拝地に 進 止む 高宮造り 鎮めます』36文
ワカゴ親子が 伴なひて 渦侍御髪 上ぐるとて  落す櫛田に 年越えて 出で立つ初日 明けの原36文
妹背高宮に 入りませば 叔母と仕えて 九月 姫 粥もての 殊 祈る 故 飯の宮[斎の宮]36文

『三年後 トヨスキ齢 百三つで 御杖ならずと 見習わせ かねて願えば』36文
『この度は ヨシコ内の 親王とし 御霊笥かつぎ 斎野より 磯辺に移し 鎮めます』36文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】