ハジメオワリノツツマヤカ

→ はしめおわりつつまやか
  

始め終りの慎まやか。
「アルファでありオメガの慎まやか」「結論の慎まやか」「将来のための慎まやか」というような意。

人は陽陰 (日月) を起源とする魂と魄を結んで世に生まれ、終われば陽陰に還る。人生を終えた時に貪欲な心が無く、魂・魄が直ぐならば、再び世に人間として生れ代わることができるが、欲に曲がっているとそれができない。よって欲への曲がり・逸脱を避け、直ぐに生きなければならないという意味。つまり「清かの道」に同じ。

「つつまやか」は、ここでは倹約の意ではなく、「曲がり・外れがないさま」「直ぐなさま」の意。
「はじめおわり」とは「陽陰から生まれ、陽陰に還る」ことを言っており、「結局のところ、人の始めと終りのことを思えば、この世での欲望を満足させることなど空しい。それよりも曲り無く直ぐに生きた方が、来世のことを考えるとお得ですよ」というような意。

不思議なことだが【始終】という言葉には「結末」「行く末」という意味がある。

『'世を栄ふる 始め終りの 慎まやか' 道 教ゆれば 大御神 褒めて賜はる 竈尊13文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】