よろく  ヨロク  yoroku

  

【(揺ろぐ)・蹌踉く】
C: 行き来する。揺らぐ。転げる。
E: 負の方向に離れる。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

よる(揺る/弱る)」と同義語「おく(送く/下く)」の合成。
ここでは「C: 回る・行き来する・揺らぐ・転げる」、またその結果「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れるで、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」」などの意。

変態:「よるく(蹌踉く)」「ゆるく(揺るぐ)」「ゆらく(揺らぐ)」
派生語:「よろける(蹌踉ける)」「よろきの(蹌踉き野)

  

10/06/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】