わすきのみや  ワスキノミヤ  wasukinomiya
すきのみや  
スキノミヤ  sukinomiya
すきとの  スキトノ  sukitono

  

【(地挿きの宮)】【(挿き宮/挿き殿)・主基宮・須岐宮】
大嘗祭において地の神 (地の十一神) を祭る宮。

『にしこりは ゆきすきみやの おおなめの ゑのときのはそ』ホ23
『ねのつきに あゆきわすきの みやつくり もとあけあわの かみまつり』ホ30
すきとのに うましあしかい ひこちかみ あわせまつれは なもたかま』ミ6

 
わすき(地挿き)」 の
みや(宮)
すき(結き・挿き)」 の 「みや(宮)
すき(結き・挿き)」+「との(殿)

「みや」はここでは「神霊の依代・社」の意。

反対語:「あゆきのみや(天結きの宮)」「ゆきのみや(結きの宮)

  

14/10/21

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】