ちまたかみ  チマタカミ  timatakami

  

【(巷守)・岐神】
(道・川・筋・辻などに)沿った所を占拠・支配する者。

『やまあらし かたましものや ちまたかみ なかにゑみしら めをませて』ホ39

 ●サルタヒコの別名。 =つちきみ(辻君)

『おとたまかわの しらすなに ひるねしておる ちまたかみホ24
ちまたかみ さめてかくする なにゆえや いわくみまこの』ホ24

 
ちまた(岐・巷・衢)」+「かみ(守・主)
「かみ」は「かむ(交む)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・占める・留まる・締める・塞ぐ」などの意。

類語:「つちきみ(辻君)」「いわくら(磐座)

  

11/03/04

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】