たまかわ  タマカワ  tamakawa

  

【霊郷/(保郷)】<地名>
霊(血)を抜いて書いた誓書を埋めた区域。(高野の玉川)

『そのをして はたれまこちと たみこよろ うつむたかのの たまかわそこれ』ホ8

 
たま(霊)たま(留む・保む)」+「かわ(側・郷)

 
 

【(留籠・保護)】
保ち護ること。秘蔵。

『ときたけひてる たまかわの かんたからふみ たてまつる』ホ32

 
たま(留・保)」と同義語「かわ(籠・込)」の連結。
「たま」は「たむ(留む・保む)」の名詞化。
「かわ」は「かふ(交ふ・籠ふ)」の名詞化。
両語ともここでは「A: 合わす・留める・保つ・守る」などの意。

変態:「ためこみ(溜め込み)」

 
 

【(尊代)】
尊者に似せたもの。尊者の写し。尊者の肖像。

『いまたてまつる たまかさり ほめてたまわる むらのなも たまかわあふみホ39

 
たま(尊)」+「かわ(和・交・代)

類語:「たまかさり(尊飾り)」「とらかしは(虎柏)」「みすかた(御姿)かみすかた(神姿)

  

12/03/02

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】