たけみなかた  タケミナカタ  takeminakata

  

【(長峰方)・建御名方神】<人名>
峰の国を治める者。諏訪の長。

『またひとり ありといふまに あらはるる たけみなかたそ』ホ10
『しかいぬちより ひとひとり たけみなかたの のりなりと』ホ32

 
たけ(長)」+「みなかた(峰方)
「たけ」は「頭・中心人物・統治者」の意。
「みな」は「みね(峰)むね(棟)」の変態で、「高地・山岳」を意味する。
「かた」は「区分・区画」の意。

別名:「すわのかみ(諏訪の守)

  

10/06/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】