しらく  シラク  siraku

  

【白ぐ・精ぐ】
C: 回す。還す。戻す。改める。更返す。

『こころはの むはしそそきて みおしらけ ひをねにかえる かんかたち』ホ15

D: 正の方向に離す。「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」

『そろのほつみの みけもまた うすつきしらけホ15

 
しる(更る/精る)」と同義語「あく(明く/上ぐ)」の合成。
ここでは「C: 回す・還す・戻す・新たにする」、またその結果「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「上げる・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」などの意。

類語:「さらふ(浚う・渫う)

 
 

【(垂らく・痴らく)・白く】
E: 負の方向に離れる。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

しる(垂る・退る・痴る)」と同義語「あく(厭く・倦く)」の合成。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

派生語:「しらける(白ける)」「しらき(新羅)」「しらか(痴か・白鹿)

  

10/01/11

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】