しめす  シメス  simesu

  

【示す】
A: 合わす。知らす。表す。

『のちうつも よしとたかくら おとしきと やりてしめせと うけかはす』ホ29
『なかすねか きみのゆきより ははやてお あめにしめせは かんをして』ホ29
『なかすねひこに しめさしむ すすまぬいくさ まもりいる』ホ29
『よそあやなして くになつに しめせはたかひ みかさふみ』ホ40
『みはえしめして あいかたり あらたにそめて ふたやより あけたてまつる』ホ40
『ふそみかほしは よしあしお はらのにしめすミ6

 
しむ(染む・浸む)」と「めす(召す・見す)」の合成。
ここでは「A: 合わす・知らす・表す」などの意。

変態:「しらす(知らす)
類語:「をしゆ(教ゆ)
派生語:「しめし(示し)

 
 

【(染めす・浸めす)・湿す】
A: 合わす。浸す。漬ける。

しむ(染む・浸む)」と「めす(召す・見す)」の合成。
ここでは「A: 合わす・浸す・漬ける」などの意。

『ふちおかみみの おしほゐに あれますみこの ちにむせふ むつきしめして』ホ11

 
類語:「しめらす(湿らす)」「ぬる(濡る・塗る)」「そむ(染む)

  

10/02/24

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】