しほかま  シホカマ  sihokama
しほかみ  シホカミ  sihokami

  

【(潮醸・潮醸)・鹽竈・塩釜】<人名>
潮/塩を精製する者。製塩者。

しほかまのかみ またしらて かすかのかみに ゆえおとふ』ホ12
『ときにしほかみ またとはく いつれもみきの ことくかや』ホ12
『そのときに しほかまはしめ もろほめて』ホ12
『つきかとり かんきみおよひ かしまきみ つくはしほかま もろもます』ホ13
『ときにしほかま こなきとて とえはかすかの をしゑには』ホ13

 
しほ(潮・塩)」+「かま(釡・竃)かみ(醸み)
「かま・かみ」は「かむ(醸む)」の名詞化。

派生語:「しほかまのかみ(鹽竈の守)」

  

13/02/15

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】