おおとし  オオトシ  ootosi
おほとし  オホトシ  ohotosi
ををとし  
ヲヲトシ  wowotosi
をほとし  ヲホトシ  wohotosi

  

【(熟達)・大年・大歳】
1.上がり。達成。完成。成果。収穫。

『むつのなは そろををとしの ちからもる ををとしかみと たたえます』ホ22
『ちからおほとし ささくれは やものにきわひ たからてる かれにたからそ』ホ23
『ちゐもむら とのみちとほり おおとしの みつほゑるなり』ホ23
『なかつきは おおとしつける ここのみは かさねここくり ひとよみき』ミ7
をほとしきくの ちりわたこ ささけてまつる くりみさけミ9

2.1を掌る「ををとし神」。

『むつのなは そろををとしの ちからもる ををとしかみと たたえます』ホ22

3.「おおとしくらむすび」。

 
「おほとす」の名詞化。
「おほとす」は「おふ(熟ふ)」と同義語「とす(達す)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

類語:「とし(達・年・歳)」「みとし(御歳)」
関連語:「としのり(年稔り)」「としのめくみ(年の恵み)

  

12/11/23

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】