おのころのゑな  オノコロノヱナ  onokoronowena

  

【(和恵の胞衣)・磤馭慮の胞衣】
中核・御本尊を保育する囲み。

おのころの ゑなのかたちは かわくるま ほそのをとなる』ホ14
『ついにたねなる おのころの ゑなのへそのを かわくるま』ホ16

 
おのころ(和恵)」 の 「ゑな(胞衣)
「おのころ」はここでは「中心・核心・精髄・御本尊」などの意。

別名:「おのころのたまこ(和恵の保籠)

  

15/08/18

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】