にふのかみ  ニフノカミ  nifunokami

  

【(和の守・柔の守)・丹生の神】
ヒルコの尊称> やわしの守り。相手に譲って和をなす守。妹心の守り

にふのかみ あめのおしゑに ややさめて やわしわらはす』ミ10
『ふかきむねある そめふたお まかせたまわる にふのかみミ10

 
にふ(和・柔)」 の 「かみ(守)
 

『またきさき ひろたにゆきて わかひめと ともにゐこころ まもるへし』ホ28

 
類語:「わかひるめ(吾が退る女)

  

10/09/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】