ねんころ  ネンコロ  nenkoro

  

【懇ろ】
(心身を)合わす・込めるさま。心尽し。心を通わすさま。親身なさま。

『そのうゑにたつ あさひみや きみねんころに まつりして』ホ6
『かならすまてよ ときありと むへねんころに さとされて』ホ7
ねんころおしる にきはやひ わかなかすねか うまれつき』ホ29
『つねのおこなひ かみのみち あにかまつりも ねんころにこそ』ホ31

 
「ねんころ」は「ねむこる」の名詞化。
「ねむこる」は「ねむ(和む)」と同義語「こる(交る)」の合成。
ここでは「A: 合わす・交わる・親しむ」などの意。

変態:「ねもころ(懇)」
類語:「なこり(名残)」「のこり(残り)
関連語「なご(和)」「にき(和)」「にこ(和)」「ねき(根際/禰宜)」「ねんねんころり」

  

09/12/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】