まさか  マサカ  masaka

  

【(回探)】
回転。循環。繰返すさま。改まるさま。

まさかきの うゑつきゐもに みつるころ よつきのをかみ』ホ2
『あめのめくりの むしはみお みるまさかにの なかこりて』
ホ7

 
まさく(回探く)」の名詞化。
ここでは「C: 回る・還る・繰り返す・改まる」などの意。

変態:「やさか(揺探)
類語:「まさかき(回掻き)

 

【(真栄・真幸)】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

まさく(優く・真幸く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「みさき(岬)」「やさか(弥栄)」「やさき(弥咲)」「いさか(弥栄)」「いさき(弥栄)」「わんさか」
派生語:「まさかし(真栄し)

  

13/10/30

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】