こくみ  コクミ  kokumi

  

【胡久美】<人名>
[候補1] 副。
[候補2] 民。

『ちたるくに ますひとこくみ おこたれは たまきねつけて ひたかみは やそきねにたす』ホ6
『またおとこ つはものぬしと こくみそゑ つほねととめて かえらんと』ホ6
『くらひめうめは いつくしみ あにのこくみお このことく』ホ7
『ははこおすてて つにおくる こくみははこお おかすつみ』ホ7
『みはたより さおしかにめす かんさひと こくみははこと』ホ7
こくみいふ さしめはまこと わかつまよ きみさりますの おしてあり』ホ7
『ちちますひとの まつりつく しらひとこくみ このいわひ なかはさおゑて』ホ7
『よにわたかまり こくみらも つかえてしむお うはひはむ』ホ7
『うちのしらひと こくみらか をやもおかして こもおかす』ホ8
『はたれねも しらひとこくみ おろちらも うちをさめたる おもむきお』ホ9
『しらうとこくみ ははおかす かないまにあり きみまねて かなおかふるや』ホ32
『あおれとは しらうとこくみ ことははと よそめもおかす なおれなるかな』フあおれ

 
[候補1]
「こくむ」の名詞化。
「こくむ」は「こく(交く)」と同義語「くむ(組む)」の合成。
ここでは「A: 合う/合わす・添う・副ふ・連なる」などの意。
[候補2]
こく(痩く)」+「み(身)

独り言:「こくみん(国民)」

  

10/03/07

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】