かそ  カソ  kaso

  

【数】
分れ。分割。たくさんに分れるさま。いくつもあるさま。

『はおかんかえて かそみねの かそうおいれて たおこやし』ホ25

 
「かす(和す/割す)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・加える・重ねる」、裏を返して「B: 離れる・分れる」などの意。

変態:「かす(数)」「かつ(数)
類語: 「す(子・素)

 
 

【(上・高・活・超・肥)・父】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・先行する・優れる・勝る・至る」
さま

かそみねにしき くにつとに かえるあらしと みまなくに これたちそめそ』ホ34
『ゑみしから かそにしきとは わしのはの とかりやももて たてまつる』ホ39

 ●陽。男。夫。父。

かそいろの よさしのくにお すておけは あゑうかかふ』ホ7

 
かす(上す・活す)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・先行する・優れる・勝る・至る」などの意。これは陽陰の精製過程で軽く先に上って天となった「陽」の属性を表す。

変態:「こし(越・超)」「くす(葛)かた(葛)」「かつ(葛)」「かと(角・才)
類語:「ちち(父)

  

10/02/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】