かけろふ  カケロフ  kakerofu
かけらう  カケラウ  kakerau

  

【影ろふ・陰ろふ・(陽炎ふ)】
C: 往き来する。揺れる。出たり消えたりする。
 ● 日射で暖まった空気が揺れて見えるさま。

『たみなわしろに たねおまく やよいなかより かけろいて なえおいそたつ』ミ7

 
かける(掻ける・駆ける)」と同義語「おふ(往ふ・揺ふ)あふ(往ふ・揺ふ)」の合成。
ここでは「C: 回る・往き来する・揺れる」などの意。

 
 

【陽炎】【蜉蝣・蜻蛉】
揺らめくさま。出たり消えたりするさま。存在を判別しがたいさま。はかないさま。

かけろふのひの こえくにの たけいわたつは くつおあけ』ホ25
『やよゑなかすえ かけらうや めつたりおさむ たもとかめ』ミ9

 
「かけろふ(
影ろふ・陰ろふ) / かけらふ(影らふ・陰らふ)」の名詞化。

変態:「かきろひ(陽炎・火光)」「かきろふ(蜉蝣・蜻蛉)」「かくろひ(隠ろひ)
類語:「かくら(神楽)

  

10/03/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】