いつのちわき  イツノチワキ  itunotiwaki

  

【(逸の道開)】【(逸の地開)】【(逸の幸)】
1.逸尊の道開き・開運。
2.逸尊による大いなる土地開発。
3.逸尊による大いなる繁栄。

『さるたして たけのいわくら おしはなち いつのちわきの よろいさき』ホ24
いつのちわきに をさまりて みをやにつかふ みちあきて』ホ29

 
いつ(逸・至)」 の 「ちわき(道開/地開/幸)
「いつ」はここでは「いつかみ(逸尊)」、また「大いなるさま」の意。

  

09/12/11

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】