いすす  イスス  isusu
ゐすす  ヰスス  wisusu

  

【(斎寿)】
正の方向に離れるさま。 極み。頂点。中核。サコクシロ内宮ミモ郷
 ●サコクシロ内宮の主。アマテル神。

『ことしろえめは さるたひこ たたゆるひめの なはたたら いすすひめなり』ホ28
『ことしわにひこ もものやつ いもといすすは とおゐつつ』ホ28
ゐすすかわ ふもやよろほの さるたひこ わかこにいわく』ホ36

 
いす(斎す・至す)」と「すす(進す・寿す)」の合成の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「いさつ(騒つ)」「みすす(美寿)
類語:「ゐそすす(斎寿)

  

10/01/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】