あのつ  アノツ  anotu

  

【(熟の尽)】
進展熟成が上限に達すること。寿命の満了。

『つるきとは つはきのよはひ あにつきて かれるあのつそ』ホ23

 
あ(上・熟)」 の 「つ(尽・至)
「あ」は「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れるさま」で、「進展・成長・熟成」などの意。
これは「よはひ(齢)」「いのち(命)」と同義。
「つ」は「つく(尽く)」の名詞化で「至り・極み・到達・完了」などの意。

関連語:「あにつく(熟に尽く)

  

10/07/07

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】