あめにこたふ  アメニコタフ  amenikotafu
あめにことふ  アメニコトフ  amenikotofu

  

【(陽陰に応ふ・和に応ふ)】
1.陽陰の道に適合する。調和の法に適う。

『かみこころ めくみてはなに みおうるそ いせのをしゑの あめにこたゑて』ホ14
あめにこたふる をしゑなり たみかならすも これなわすれそ』
ホ14

2.日月が地を和して恵む心に適合する。上(祖)が下(子)を和し養う心に沿う。

『をさむるたみお このことし あめにことふる かみのなも みをやあまきみ』ホ28

 
あめ(陽陰・日月・和)」 に 「こたふ(応ふ) ・ ことふ(応ふ)

関連語:「みをやのこころ(御祖の心)」「あめのこころ(和の心)

 

13/10/30

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】