⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

徹底解説みかさふみ講座 第13回 [2022.5.12]

みかさふみ 酒法の文 (2)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 少し間が空いてしまいました。
 久しぶりのコロナ規制のないGWでしたが、
 皆さん 楽しく過ごされましたでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さかのりのあや (その2)
 酒法の文 https://gejirin.com/mikasa02.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 よつきのかみは くにさつち
 さきりのみちお うけされは さつちにをさむ
 やみこかみ おのおのみこお ゐたりうむ
―――――――――――――――――――――――――――――
 代嗣の尊は クニサツチ
 サキリの道を 受けざれば サツチに治む
 八御子尊 各々御子を 五人生む 
―――――――――――――――――――――――――――――

■代嗣/節継ぎ (よつぎ)
「治めを継ぐ者」 の意です。“治め” にも 家の治め、国の治め など
さまざまなレベルがありますが、ここでは 国家の治め をいいます。

 辞書は【世嗣・世継】と宛てますが、原意を考慮して本講座では
 “代嗣” の宛字を採用しています。竹の節と節の間を ヨ(節) といい、
 「囲み・収まり・治め・区間」 などを表し、ヨ(代)もこれが原義です。
 “節” をヨと読める人は少ないため、かわりに “代” を用いています。
 なお、辞書は “節” を “世” と同源と説いていますが、これには同意
 できません。“世” は 「下・低・地」 が原意で、ヨ(夜) と同源です。

 
■尊/上 (かみ)
「上・上の者」 が原義で、この場合は 「君」 と同じです。

 
■クニサツチ (▽国割治)
キツヲサネ+アミヤシナウの11尊を継いで、八国の君となった8御子の総称です。
クニサツチの語義は “国割治” で、一国を複数の地方に分割して治めるシステムを
敷いた君、つまり 「連邦国家制度を敷いた君」 をいうのではないかと考えてます。
日本書紀には “国狭槌尊” と記されます。

 
■サキリの道 (さきりのみち)
これはサツチとは逆に、国を分割しないで統治するシステムをいうものと
考えます。サキリ は今に言う “すっきり・すっかり” の変態と見てます。
“すっきり・すっかり” を辞書で調べると、
「すべて・まるっきり・くまなく・ことごとく」 などと説明されています。

 
■サツチ (▽割治)
クニサツチのところで書きましたが、
「分割統治・連邦制」 を意味すると考えてます。

 

【概意】
八国の治めを継ぐ君はクニサツチであった。
彼らは一国をまるごと治める道を受け継がず、連邦制を敷いて治める。
この八御子の君は それぞれ五人の御子を生む。

 

――――――――――――――――――――――――――――
 やものよつきは とよくんぬ あめよりみつの わさおわけ
 きみとみたみの みくたりの かみはもふその みこありて
 あめなるみちは めもあらす みつよをさまる
―――――――――――――――――――――――――――――
 八方の代嗣は トヨクンヌ 上より三つの 業を分け
 君・臣・民の 三件の 尊は 百二十の 御子ありて
 陽陰和る道は 女も生らず 三代納まる 
―――――――――――――――――――――――――――――

■トヨクンヌ (▽響国主)
“トヨクニヌシ” の簡略で、クニサツチを継いで、八国の君となった
8御子の総称です。日本書紀には “豊国主尊・豊斟渟尊・豊雲野神”
などと記されます。

 トヨ(▽響)は トヨム/ドヨム(響む)の名詞形で、
 「八方に響き渡るさま」 を表し、この場合は 「中心」 を意味します。
 したがってトヨクニ(▽響国)は ナカクニ(中国)の同義語であり、
 連邦制における 「中心の国・中央政府の国」 をいうものです。
 トヨクンヌ/トヨクニヌシは 「中央国の主」 という意です。

 
■上より三つの業を分け (あめよりみつのわざをわけ)
アメ(▽上・天)は ここでは 「上流」 を意味し、「先代の君・先帝」 をいいます。
そしてこれはクニサツチを指します。
 このアメは アム(▽上む)の名詞形で、アムは アフ/アブの変態です。
 アフ/アブは アフル/アブル(溢る・煽る・炙る)という動詞を造ります。
ワザ(業) は人が従事する仕事をいいます。

八国のクニサツチは人の従事すべき業を3つに分け、それに伴って
自分の5人の子を 君・臣・民 の3つの身分に分けました。
そうして八国の君となったのがトヨクンヌだということです。

 クニトコタチの 八下り子 何クニサツチ 八方主となりて
 トホカミ ヱヒタメの 国に生む子は 三くだりの 君・臣・民ぞ 〈ホ18-2〉

日本を治めるクニサツチの、5人の御子の内の3人については
ホツマツタエで言及されています。

 ミナカヌシ─8尊─11尊─クニサツチ┬トヨクンヌ (君)
                  │ 
                  ├ハコクニ  (臣1:ヒタカミ国を建国する)
                  │
                  └ウケモチ  (臣2:代々農業開発大臣となる)
 

 ・トコヨ尊 木の実 東に 植えて生む ハコクニの尊
  ヒタカミの タカマに纏る ミナカヌシ        〈ホ2-3〉
 ・クニサツチ 生むウケモチの 八代の孫 今のカダなり 〈ホ15ー4〉


 
■陽陰和る道 (あめなるみち)
これは根源神アメノミヲヤが創った あの世とこの世を貫く根本法則で、
万物万象は 陽と陰の結合と分離によって生成・消滅するというものです。
またこの道により 万物は 生 → 盛 → 熟 → 滅 の循環を繰り返します。
今日では 陰陽和合の法 と呼ばれています。
ここではシンプルに 「人が地に生まれ来る仕組み」 と考えていいでしょう。

 
■女も生らず (めもあらず)
当時の陽陰和る道 (人が地に生まれ来る仕組み) は男女を分けず、
生まれ来る人間はみな男女両性であったということです。
日本書紀はこれを 独神(ひとりがみ) と呼んでいます。

 
■三代納まる (みつよをさまる)
“三代“ とは クニトコタチ (ミナカヌシ+8尊+11尊) の時代と、
クニサツチの時代と、トヨクンヌの時代をいいます。
“納まる” は ここでは 「結ぶ・締まる・閉まる・終わる」 などの意です。

 この後、陽陰和る道 (人が地に生まれ来る仕組み) に変化が訪れます。

 

【概意】
八方の国の治めはトヨクンヌが継ぐ。先代のクニサツチにより、
人の業が3つに分かれ、5人の御子は 君・臣・民 の3件の身分に分れた。
3階級を治める尊 (=トヨクンヌ) には120人の御子があった。
<当時の> 陽陰和る道は女を生むことなく、3つの時代は終了する。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨