⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

徹底解説みかさふみ講座 第6回 [2022.2.24]

みかさふみ 起尽四方の文 (3)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今年の冬は厳しいですね。新潟県長岡市に住んでいますが、
久しぶりの大雪です。もうずっと厚い暗雲に覆われたままで、
10日くらい太陽を拝んでおらず、そのため一日の最高気温と
最低気温の差は2〜3℃しかありません。
雪国の人々は肌身にしみて日の恵みを知ってます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 きつよちのあや (その3)
 起尽四方の文 https://gejirin.com/mikasa01.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 こもりこきみも もみことも みちひこもみな うなつけは
 さるたはみちの ういおとふ
 こやねこたえて
―――――――――――――――――――――――――――――
 コモリ 九君も 百尊も 三千彦も皆 頷けば
 サルタは道の 初を問ふ
 コヤネ答えて
―――――――――――――――――――――――――――――

■コモリ
この場合は 「オオモノヌシを務めるコモリ」 という意味で、個人としての
コモリではなく、「国家の政務を預かる最高位の臣」 を表します。

 ★オオモノヌシ (▽央守主・大物主)
 国家の行政・司法・警察・軍事を司る最高長官です。
 オオ(央・皇・公)は 「中央政府」 を意味します。
 モノは モノノベの略で、「公務員・役人」 をいい、臣・守・司 の別名です。
 ヌシは 「主」 です。
 よって 「中央政府の公務員の主」、これがオオモノヌシの意味です。


■九君 (こきみ) ■百尊 (もみこと) ■三千彦 (みちひこ)
“九君・百尊・三千彦” は一つの決まり文句で、
オオモノヌシの配下にある 「希少(九人)な上位の司、少数(百人)の中位の司、
大勢(三千人)の下位の司」 というような意味です。
モノノベ (=臣・守・司) のランクと、その数の構成比を表します。
 

■道の初 (みちのうい)
「人が学ぶべき道の最初・教えの第一」 という意です。

 

【概意】
コモリも九君も百尊も三千彦も皆うなづくと、
サルタヒコは学ぶべき道の第一を問う。
コヤネは答えて、

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 きつのなお をしえのはつと なすゆえは いまわれうめる
 たらちねの さきのみをやも ことことく あめのたねなり
 そのかみの あめつちひらけ なるかみの
 みなかぬしより はかりなき ひとくさわかれ
―――――――――――――――――――――――――――――
 東西の名を 教えの初と なす故は いま我生める
 タラチネの 先の御祖も ことごとく 陽陰の胤なり
 その神の 天地開け 生る神の
 ミナカヌシより 計り無き 人草分かれ
―――――――――――――――――――――――――――――

■東西/起尽 (きつ)
キ(東)の原義は 「起」 で、「日(太陽)が起きる方位」 をいいます。
ツ(西)の原義は 「尽」 で、「日(太陽)が尽きる方位」 をいいます。

キは “スタートを切る” という場合の “キル” から来ていて、「出立」 の意。
ツは ツク(尽く・着く)から来ていて、「行き着くこと・到達」 の意です。

 

■いま我生める (いまわれうめる)
ウメル(生める)は ウム(生む)の連体形で、
「今の自分を生みたる○○」 という意になります。
 

■タラチネ
タ(▽陽・▽天)+ラ(▽陰・▽地)+チネ(▽因) で、
「陽陰/男女の因み」 を原意とし、「和合した男女・夫婦・父母」 を表します。

‘タ’ と ‘ラ’ が なぜ 「陽」 と 「陰」 を表すのかについて、
ホツマツタヱの17アヤでアマテルが語っていますが、
それはオシテ(文字)の形状を根拠とするものです。

 ‘タ’ のオシテ 三光 円の 内に入る 足り助く法 天と父
 上下反す ‘ラ’ のオシテ 地と母法      〈ホ17-2〉
 

■先の御祖 (さきのみをや)
タラチネ(父母)の、「その前の御祖」 の意で、
今風に言えば “御先祖(ごせんぞ)” です。
 

■陽陰の胤 (あめのたね)
アメ(陽陰)は ここではアメミヲヤ(陽陰上祖)を指します。
タネ(胤)は  タナ(棚) の変態で、やはり 「連なり・重なり」 が原意です。
ですから 「アメミヲヤに連なるもの・アメミヲヤの末裔/子孫」 の意です。

 ★アメミヲヤ/アメノミヲヤ (▽陽陰上祖/▽陽陰の上祖)
 大宇宙 (霊界を含む) の創造神で、フトマニ図の中心に座す 
 “アウワ” の神 です。アは 「陽」、ワは 「陰」 を、ウは 「結・融」 を表します。
 アウワ(陽結陰) は 「陽と陰の融合する状態・陽陰の区別がない混沌状態」 を
 表すものです。その神霊が 陽と陰に分離することで大宇宙は開闢しました。
 そのゆえに “陽陰の上祖” と呼ばれます。
 

■その神 (そのかみ)
やはり アメノミヲヤ(陽陰の上祖) を指します。
 

■天地開け生る神 (あめつちひらけなるかみ)
アメノミヲヤが 「天地(=陽陰)に分れて最初に生れる神」 の意で、
「トコタチ」 の別名です。

 ★トコタチ (▽疾立ち・▽疾発ち)
 トコ(▽疾)+タチ(立ち・発ち) で、「先達」 を意味し、ミナカヌシと
 ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メの8神を合わせて、“トコタチ” と総称します。
 ミナカヌシは初の人間として地上に顕現して ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ の
 八御子を生み、八御子は世界の八方に下って地上社会の基礎を築きます。
 地上にある時は クニトコタチ、天に還っては アメトコタチ と呼ばれます。
 

■ミナカヌシ (▽真中主・御中主)
地球に現れた最初の人間で、クニトコタチの元祖です。
アメナカヌシとも呼ばれ、記紀では “天御中主” と記されます。

 空 動きて 風となる 風 火となれば 地もまた 水 埴となる
 この五つ 交わり生れる 神人は アウワ現る ミナカヌシ 〈ミ6アヤ〉

"アウワ現るミナカヌシ" とありますから、
ミナカヌシはアメミヲヤの直接の顕現と考えられていたようです。
ミナカはマナカ(真中)の変態です。

 みなか【真中】  (広辞苑)
 まなか。まんなか。

 

■計り無き人草 (はかりなきひとくさ)
「数えきれない人草・無数の人民」 という意です。

 ★人草 (ひとくさ)
 “人” は 「君と臣」 をいい、“草” は 「青人草/青人種」 の略で、「民」 の別称です。
 ですから “人草” は 今風に言えば、人民(じんみん)です。
 君と臣は一人前の 「人」 ですが、民は アオヒトクサ(青人種) と呼ばれ、
 「未熟な人の種(たね)・半人前」 と考えられています。

 

【概意】
東西の名を教えの第一とする理由は、
今の自分を生みたる父母も、その御先祖も、
ことごとくアメミヲヤの末裔である。
その神(=アメミヲヤ)が 陽と陰に分れて生れた神である
ミナカヌシより無数の人民が分かれ、

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 たうときも みこともひこも なるみちお
 をさめおさむる ひとのみは ひつきのふゆに やしなわれ
 めくみしらせん そのために いているきつお をしゆなり
―――――――――――――――――――――――――――――
 貴きも 尊も彦も 生る道を
 治め収むる 人の身は 日月の振ゆに 養われ
 恵み知らせん そのために 出で入る東西を 教ゆなり
―――――――――――――――――――――――――――――

■貴き (たうとき) ■尊 (みこと) ■彦 (ひこ)
九君・百尊・三千彦” を言い替えた表現ですが、
ここでは 「さまざまな身分の人」 という意味です。

 
■生る道 (なるみち)
「貴きも尊も彦も 世に生れる道」 という意です。
これは 「神が人として世に生まれる道」 を意味し、
具体的には、タマ(魂:陽霊)と シヰ(魄:陰霊)が和合して
人の生命を結ぶシステムをいいます。
ですからこれは アメナルミチ(陽陰和る道) と同じです。

 
■治め収むる人の身 (をさめおさむるひとのみ)
「生る道(=陽陰和る道)を内に収め、そのシステムを治める人の身」 
という意で、“陽陰人に知れる人の身(あわとにしれるひとのみ)” を
言い替えたものです。

 常に思えよ 陽陰法を 得て身を治め 耕して ソロを植え蒔き
 草切りて 刈り納む身の 民は孫 工・商人も 曽孫・玄孫  〈ホ17ー2〉

 
■日月の振ゆ (ひつきのふゆ)
「日と月の恵み」 という意味です。

 ★フユ (▽振ゆ)
 フル(振る)の変態の フユ(▽振ゆ)が そのままの形で名詞化したものです。
 「振りまくこと・回しめぐらすこと」 が原意で、「恵み・施し」 の同義語です。
 辞書には “みたまのふゆ” という言葉が載っています。

 【恩賚・恩頼】みたまのふゆ (広辞苑)
 天神または天皇の恩恵・加護・威力を尊んでいう語。
 

■出で入る東西 (いでいるきつ)
「日月が出で入る東と西」 ということです。

 

【概意】
貴者も尊者も凡庸な者でも、
神を世に現わす “陽陰和る道” を内に収め、
またそのシステムを守り治める人の身は、日月の恵みに養われる。
その恵みを知らせんために、日月の出で入る東西を教えるのである。」

アメノミヲヤ(陽陰の上祖)の末裔である人は
魂(陽霊)と魄(陰霊)をタマノヲで結んで世に生れ、
日(太陽)と月(太陰)の恵みを受けながら、
人のシステム(つまり陽陰和る道)を保守する。
その大いなる恵みに気づかせるため、まず最初に
日月の出で入る "東と西" の名の由来を教える、ということです。

日月と人の関係については、ホツマツタエの 13アヤ〜16アヤ 
あたりを復習されると良いと思います。

・妹背は 八百万氏の 別ち無く 皆 天地の 法備ふ   〈ホ13-1〉
・カスガまた 「初を知れるや 陽陰に受け 陽陰に還るぞ」 〈ホ13-4〉
・人はもと 中子・心派 日月なり 直ぐに罷れば 相応え
 陽陰の宮居に 還さんと 獣になるを 止むなり     〈ホ15-6〉
・菊菜 日月の 霊胤ゆえ 食えば目の玉 明らかに
 合ひ求むなり 陽陰の道 なす人 神に 合ひ求む    〈ホ15-8〉
・陽元に招く 荒神霊 月の和霊 父母の霊と
 三つ交わりて 心・意気 成りて瑞通ふ         〈ホ16-3〉

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨