ヤツシロトヨムラ

→ やつしろ → とよむら
  

八代豊村。
熊本県八代市。 
景行
クマソ討伐の帰りにヤツシロに向かい、火の光る場所に船を着ける。聞けばヤツシロトヨムラだという。火の光を、「知らぬ火です」と聞き、君はここ肥国をシラヌヒ(不知火) の国と名付ける。
熊本県宇土郡不知火町。
  

★『書記』八代縣(ヤツシロノアガタ) 豐村 (トヨノムラ)
★1889年4月1日 町村制度施行により、下益城郡松橋町・当尾村・豊福村・豊川村・小川町・河江村・小野部田村・海東村・豊野村が発足。
  

『船馳せて 行く八代ヘ 日の暮れて 着く岸知れず "火の光る 所へ差せ" との 御言宣』38文
『岸に上がりて "何村" と 問えば八代 豊村の 焚く火を問えば 主を得ず 人の火ならず 知らぬ火の 国と名付くる』38文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】