シラヌヒ

→ 語義
  

知らぬ火。不知火。
景行
クマソ討伐の帰りにヤツシロに向かい、火の光る場所に船を着ける。そこはトヨムラだという。火の光を「知らぬ火です」と聞き、君はここ肥国をシラヌヒ(不知火) の国と名付ける。
  

『船馳せて 行く八代ヘ 日の暮れて 着く岸知れず "火の光る 所へ差せ" との 御言宣』38文
『岸に上がりて "何村" と 問えば八代 豊村の 焚く火を問えば 主を得ず 人の火ならず 知らぬ火の 国と名付くる』38文

  

  

シラヌヒノクニ

  
知らぬ火の国。不知火の国。 
陽炎の火の肥国(コエクニ)
 

『岸に上がりて "何村" と 問えば八代 豊村の 焚く火を問えば 主を得ず 人の火ならず 知らぬ火の 国と名付くる』38文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】