チタ

→ 語義
  

血田 (治方・知処)。 
景行天皇
石窟青クモ白クモを椿の槌で打ち殺し、稲葉川辺は知行可能な土地となる。 
大分県豊後大野市緒方町知田 (今の稲葉川からは少し離れている)
  

★『律令制下の三重郷
海石榴市は朽網郷稲葉村 (久住町大字白丹) の海石榴山、血田は柏原郷小塚村 (竹田市大字菅生) の南に存在する水田であるとされている。
  

『海石榴を採りて 槌となし 猛きを選み 槌持って 山を穿ちて 草を分け 窟の蜘蛛を 打ち殺す 稲葉川辺は 治方となる』38文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】