ニモノ

→ 語義
  

丹裳小野。
コユガタ
(子湯潟) のニモノ。
景行
クマソを討った後ここに来て歌を詠む。 
  

★『書紀』丹裳小野(にものおの)
★西都原台地南端には上記「丹裳小野」伝承地があり、日本書紀の他、江戸時代に書かれた「太宰管内志」等に登場します。
  

子湯県の 丹裳小野に御幸  東を望み  昔 思して 宣給ふは』38文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】