マツサカ

→ 語義
  

松阪 (目つ先)。
白子の旅屋に置き去りにされたアシツ姫は、一人で伊勢に向かうが、目前の所で塞き止められ、やむなく白子に戻る。

■「まつさか (目つ先)」は「めのさき(目の先)」に同じで「目前(もくぜん)」の意。
アシツ姫の故事を基に「伊勢直前の地」という意味から、地名になったと思われる。しかしアシツ姫はが何に塞き止められたのかは不明である。

 

まさか  −広辞苑より−
1.目前の時。まのあたり。目のまえ。現在。現実。
  万一四「将来(おく)をな兼ねそ―し善かば」
2.物事が目の前に迫っていること。緊急。
  浮、忠孝永代記「これ血気の勇にして、しかも―の役に立たず」
  

一人 寝覚めて行けば 目つ先に 塞き止められて シロコ宿に 帰り誓つて』24文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】