カゾミネニシキ・カツミネニシキ・カゾニシキ

→ 語義
  

(上熟錦)。(上錦)。
「極上の錦織」の意か。
ツノガアラシト加羅国へ返るとき、国苞として持たせた織物。 
垂仁天皇即位の祝賀のために、任那から来たソナカシチにも、その返礼として持たせている。
  

『故 ツノガ 召して仕えば 忠ありて 五年に賜ふ 名は "ミマナ" 上熟錦 国苞に 帰るアラシト 任那国 これ建ち初めぞ』34文
『大御酒 賜ひ 賜物  五色の 上熟錦  百機 任那に 賜わりて シホノリヒコが 幟立て  国に送れば 道開く』35文
蝦夷から 上錦十機 鷲の羽の 尖矢百手 奉る 陸奥よりは 黄金十重 クマソ矢百手 奉る』39文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】