イザヨフツキ

→ 語義
  

揺さよふ月。

【十六夜の月】イザヨイノツキ −広辞苑より−
陰暦一六日の月は、満月よりもおそく、ためらうようにして出てくるのでいう。 陰暦一六日の夜の月。既望。
  

『三度宣り 十六夜月の 朗光に 白斎鳥来て これを食み 現る白雲に 神の声』40文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】