イツミメ

→ 語義
  

泉媛 (斎侍)。
斎き傅く侍女。
景行天皇クマソ討伐の帰路、ヒナモリの岩瀬郷において、諸県主が斎の侍女を用意した屋に集まり、祝賀の御饗をなす。
  

★この泉媛の生誕地と伝えられている所が宮崎県小林市南西方の大出水にあります。近くには山かげから湧き出る泉があり、この水はどんな干天でも枯れたことがないといわれています。また、水神社という女神を祭る社があります。
  

『帰り申さく "諸県 主ら 大御食 捧げんと 斎侍が屋に その集え"』38文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】