ホタカジンジャ

 
穂高神社
長野県南安曇郡穂高町大字穂高。 
祭神:穗高見命綿津見神(綿津見豊玉彦命)瓊瓊杵尊
子安社:木花開耶比売命
  

安曇族は、北九州に起こり海運を司ることで早くから大陸との交渉を持ち、文化の高い氏族として栄えていた。その後豊かな土地を求め、いつしかこの地に移住した安曇族が海神を祀る穂高神社を創建したと伝えられている。主神穂高見命は、別名宇津志日金折命(うつくしかなさくのみこと) と称し、海神の御子で神武天皇の叔父神に当たり、太古此の地に降臨して信濃国の開発に大功を樹られたと伝えられる。後神孫安曇族は、此の地に安曇郡を建て祖神を奉斎し、永くその祭礼を殷盛にした。

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】