つつら  ツツラ  tutura

  

【(連・綴)・蔓・葛】
1.連なり。蔓。重なり。重ね。連続。重複。

『しなのきそちは やまたかく たにかすかにて つつらおりホ39

 ●太刀の柄に重ね巻くもの。柄巻。

『やくもたつ いつもたけるか はけるたち つつらさわまき あわれさひなし』ホ34

2.正の方向に離れるさま。 繁茂。

 
つつる(連る・綴る)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・連なる・続く・重なる」、またその結果「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

類語:「かた(葛)くす(葛・国栖)」「かつ(葛)」「かと(葛・角)」「こせ(巨勢・居勢・御所)」「かつら(葛・蔓・桂)

 
 

【津頬】<土蜘蛛名>

『たかくあかたの ふなわたし たまきなむらの つちくもの つつらおころし』ホ38

 
つつる(垂る・沈る)」の名詞化。
「つつる」は「つつ(垂つ・沈つ)」と同義語「つる(絶る・尽る)」の合成。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

類語:「つつか(恙)

  

10/01/13

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】