ちき  チキ  tiki

  

【(違ぎ)・千木】
 互い違いなさま。ちぐはぐ。交差。互い違いに交差する木材。 (「陽陰和る」 の物実)

『おおみやはしら しきたてて ちきたかしりて みやなれは』ホ36
ちきのうち そくはうちみや うちかろく やたみゆたかに』ホ36
ちきはとおそく かれとみや うちあつくいつ たみのちち』ホ36
『むねはたかまの はらまても ちきたかしりて さわりなし』ミ8

 
ちく(違く/交く)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・分れる・違う」、裏を返して「A: 合う・交わる」などの意。

類語:「ちきり(契り・千切)」「たかひ(違ひ)」「ひき(氷木)」
関連語:「ちぐはぐ」「たかいちかい(互い違い)」

  

10/01/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】